特集1

■米国栄養療法支援ソフトが日本上陸。治療に必要な栄養素・処方量などが検索可能に。

疾患名をクリックするだけで、 治療に必要な栄養素や処方量がわかる栄養療法支援ソフトが開発された。 支援ソフトは「Natural-Medical-Protocol=NMP」と呼ばれるもので、 米国ナチュラルオピニオン社(本社・コネチカット州)が栄養療法を実践する医師のために開発。 日本では、栄養医学研究所が翻訳・販売権を取得した。 昨年5月から一部の医療機関に導入していたが、 日本語バージョンが完成したことから、 4月から本格的な販売を開始する。

 特集2 免疫賦活食品

■エキナセアとプロポリス、自然製剤として大きな期待。

感染症対策のサプリメントとして知られるエキナセアとプロポリス。「第8回21世紀国際健康フォーラム」 におけるベルリン自由大学/ミュンヘン大学名誉教授のハインツ・シルヒャー氏の講演から、 ドイツにおけるプロポリスとエキナセアの薬理作用について紹介する。

 免疫賦活食品<製品情報>

■これが、今注目の免疫賦活食品だ。

予防医療、健康維持の要ともなる免疫力。それを活性化し、賦活する作用がある食品の研究開発が進んでいる。その現状を追ってみた。紹介する免疫賦活食品は乳酸菌生産物質、大麦由来β−グルカン、ベニクスノキタケ、アガリクス/ハナビラタケ、海藻抽出物、メシマコブ菌糸体、LEMなど。

 免疫賦活食品<学 術 報 告>

■有機ゲルマニウムに多彩な生理活性。大規模臨床試験では肺がん患者の延命も確認。

医家向けサプリメント素材の草分けとして知られる有機ゲルマニウム。 そもそも医薬品としての承認を視野に入れて開発されたこともあり、 その機能性・安全性に関する研究は論文数で約200報に迫る。 有機ゲルマニウムの全容を探る。


SITE TOP