特集 抗加齢・女性疾患

■イソフラボンの機能性に抗酸化能と血流改善が寄与。
 HRTに代わるホルモン様物質として認知が進んでいるアグリコン型大豆イソフラボン。 アグリコン型大豆イソフラボンを臨床現場で応用するソフィアレディスクリニックの佐藤芳昭院長に最新の治験動向を聞いた。

■ヒアルロン酸の摂取で乾燥肌が改善。
 1gあたり6リットルもの保水力があることで知られるムコ多糖類の一種・ヒアルロン酸は、 シミやシワ、 たるみといった女性の肌トラブルにはなくてはならない美容素材。大阪府のササセ皮フ科院長の笹瀬晃弘医師にヒアルロン酸の美肌効果を聞いた。

<製品情報>
■美白・美肌作用に、今注目の機能性食品。
 超高齢化社会を迎え、抗加齢への関心は高まる一方。「日本抗加齢学会」も今年で5回目を迎えた。CoQ10をはじめとする抗加齢機能性食品も人気を集めている。美白や美肌、さらに女性疾患に注目の機能性食品の現在を追ってみた。


SITE TOP