特集 医療用機能性素材

 高血圧、高脂血症、糖尿病、内臓脂肪型肥満――生活習慣病は相互に密接に関連するとされ、「バッドコンパニオン(悪い仲間)」と名づける研究者もいるほどだ。これらの現代病に対する食品機能の有効利用をさぐった。

循環器疾患対応の機能性食品「リカメン」
 フランスから上陸したリングフィッシュ抽出物質「リカメン」の多彩な機能について報告。

フェヌグリークの軽度糖尿病改善作用を示唆
 世界最古のハーブと言われるフェヌグリーク。軽度の糖尿病改善作用があることがこのほど付き止められた。

婦人科領域への期待高まるCPL
 がんの統合医療現場ではすでにスタンダードな素材であるCPL(環状重合乳酸)。婦人科領域での臨床試験結果もあきらかになり、治療域の拡大が期待される。

抗酸化機能など多彩な有効機能を持つ「アップルフェノン®」
 「アップルフェノン®」の抗酸化機能、コレステロール改善機能、消臭機能、抗アレルギー作用、メラニン生成抑制機能について紹介する。

いま注目の医療用機能性素材
 桑葉エキス、海苔、ボスウェリア、シイタケ菌糸体培養抽出物、キノコ製品、CoQ10など、いま注目の医療用機能性素材を一挙紹介。


SITE TOP