● 機能性食品は生体防御機能を高める!副作用軽減・QOL改善で臨床応用はどこまで進んでいるか
 病床区分による療養病床の拡大、医療費定額制の拡大、未病医療の重要性など、医療を取り巻く環境変化により、医療用途としての機能性食品の役割が高まる兆しが見え始めている。一部の医療現場では、すでに薬物療法と健康食品を併用する“統合医療”を模索する動きも出ている。がん、循環器、内分泌・代謝、消化器ごとに、健康食品の機能性とメカニズムを探るとともに、臨床試験等での最新の研究動向を追ってみた。

● がん

● 循環器

● 内分泌・代謝

● 消化器


SITE TOP