メディカルニュートリションに掲載された連載記事をご覧いただけます。

■CAMとアレルギー治療  12月28日更新
<日本補完代替医療学会学術集会から> 
『CAMと言う言葉を聞いたことがあるか?』医療従事者は一割。
 メディカル&メディスン・リサーチ代表 松田 孝
今年のCAM・学術集会で発表された「CAMの意識調査」によると、医療従事者の認知度がまだまだ低いことが明らかにされた。CAMという言葉を知らなくても、 実際の医療現場ではCAMは行われており、にもかかわらず 患者の身体全体から病気を診るCAMの発想がなかなか醸成されていない。
■統合医療カンファレンス  3月28日更新
<癌の統合医療>
経過のいい癌患者は統合医療を実行できた人。
 統合医療ビレッジ腫瘍診療部統括部長 水上 治
筆者は統合医療ビレッジにおいて癌の統合医療を目指している。 言うまでもなく癌は西洋医学的に難治であり、 賢く代替医療を組み合わせることは治療成績を向上させる。 筆者が実践している癌統合医療について述べる。
■統合医療最前線  6月19日更新
「アンチエイジング」は美容だけにあらず。内科医の観点から疾病予防に活用。
 赤坂アンチエイジングクリニック
若いころに比べて、 体がいうことを聞かなくなってきた――中高年なら誰しも感じる老化現象をアンチエイジング医療の治療対象として、 加齢に伴う様々な疾病を予防していこうとするクリニックが昨年2月、 東京・赤坂にオープンした。 「赤坂アンチエイジングクリニック」では、内科的立場からのアンチエイジング医療を指導する。 クリニックの森吉臣院長に診療の様子を聞いた。
■予防医療への挑戦  12月1日更新
黒酵母発酵液が糖鎖を正常化。
 クリニック細井皮膚科
クリニック細井皮膚科では、 セカンドオピニオンの形でがん統合医療を実践、 全国から多数の末期がん患者が訪れるクリニックとして知られている。 なかでもクリニックでは、 「カクテル療法」 をがん補助療法として導入、 症状の改善に成果をあげている。
■教育とサポートがある統合医療  6月19日更新
<最終回> 連載の最後に
食事・栄養・解毒・通常療法の統合/ゲルソン・インスティテュートの実例から
 ジャーナリスト 氏家京子
 今回は、 本連載第12回目で最終回となる。 これまで述べてきたことのまとめと、 補足をしていきたい。
■統合医療・実践報告シリーズ  9月30日更新
 第4回「統合医療展」 講演録より
 がん免疫療法とサプリメントの戦略的投与。
 東京衛生病院健康増進部長 水上 治
がんの原因は免疫力の低下とも言える。では、どうすれば、免疫力を高めることができるか。そのカギを握るのが統合医療とサプリメントの戦略的投与だ。

SITE TOP